cover image

身銭を切れ

 
💡
この本は殿堂入り書籍です。 他の殿堂入りを見る:👑殿堂入りの名著
 
 
大規模で、高度にランダム性のあるシステムがどのように働いているかについて描かれている。
 

 
誰の話なら信用できるのか、それはなぜか。人生の本質が書かれてある。
 

 
『身銭を切れ』は、冗長になりがちではあるが、かなりの力作である。
 

 
📕 本書の紹介文
 
魂を捧げた先にしか、 価値ある「生」はない。 不確実で予測不可能な世界で 私たちがとるべき「生き方」とは―― 『まぐれ』『ブラック・スワン』『反脆弱性』の著者にして、 世界最高の「知の巨人」タレブが、 リスクと人生の原理原則を書き尽くす。
 
 
スタタイ|スタートアップのWikipediaを作る スタタイスタタイDBスタタイブックスTwitterメール利用規約免責事項