cover image

Zero to One|ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 
💡
Audibleなら無料でお楽しみいただけます。登録はこちらからどうぞ。
他のAudible対象書籍を見る:🎧聴く読書
💡
この本は殿堂入り書籍です。 他の殿堂入りを見る:👑殿堂入りの名著
 
 
 
ティールは数多くの偉大な企業を作り上げてきた。本書はその方法を明らかにする。
 

 
リスクテイカーが書いた本なら、絶対読むべきだ。それがティ―ルのものなら2度読もう。あるいは3度読んでもいい。これは名著だ。
 

 
この世界で価値を創造する方法について、まったく新しく、そして洗練されたアイデアがこの本にはある。
 

 
社会人や起業家志望者なら誰もが最初に読まなければならない本。
 

 
Zero to Oneは素晴らしい本だ。読みながら学ぶことが多すぎる。
 

 
📕 本書の紹介文
 
空飛ぶ車が欲しかったのに、手にしたのは140 文字だ 「もし本気で長期的な人類の発展を望むなら、 ただの140 文字や“永遠の15 分” を超えた未来について考えなければならない。 ZERO to ONE はシリコンバレーを教科書に、 難題を克服してこれまで存在し得なかった偉大な物事を築きあげるための本だ」 by Peter Thiel たとえば、日本が「失われた20年」と言われている間に、世界のイノベーションを引っ張っているのはアメリカ、特に西海岸のシリコンバレーだ。アップルやフェイスブックといった名前がすぐに思い浮かぶけれど、数多のスタートアップが起業しては消えていく世界でもある。 そんな中、次々と成功する企業を立ち上げる起業家集団がある。 オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車のテスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきた。 本書はそのペイパル・マフィアの雄、ピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った待望の起業講義録である。
 
 
スタタイ|スタートアップのWikipediaを作る スタタイスタタイDBスタタイブックスTwitterメール利用規約免責事項