X版Uberのスタートアップが失敗した理由

X版Uberのスタートアップが失敗した理由

image

「Uber for x」のスタートアップをすべて覚えていますか?

数年前、数多くの「Uber for x」スタートアップが資金調達しましたが、うまくいったものはほとんど(もしかしたら全部?)ありませんでした。それは良いことのように聞こえますが、最終的にはほとんどが供給サイドで失敗していました。その理由を探ってみましょう。

ライドシェアは、同じ顧客獲得コストでもエコノミクスが優れている

ライドシェアは特殊です。運転のための広範な労働力を得ることはコストが高く、多くの場合、300ドル以上かかります。しかし、そうすると1日中リクエストを受けることができます。

あなたは希望すれば週に20時間、あるいは50時間でも働くことができます。あなたは新しい顧客を見つけるために継続的にこのドライバーアプリが必要になります。

多くの「Uber for X」企業(駐車代行、洗車、マッサージなど)は、需要が少ないことが多く、日に何度か需要の急上昇があるという状態に陥っています。その時以外、供給サイドは何をすればよいのでしょうか?

言い換えれば、「Uber for X」企業は、しばしばライドシェアと同じように顧客獲得コストや人件費がかかりますが、供給サイドの時間をライドシェアと同じようにスムーズに / 儲けの出る仕事で埋めることはできないということです。

マーケットプレイスがどうなるかはユニットエコノミクス次第

ライドシェアネットワークはムラが多く、十分な規模 / 密度になって黒字化を達成するまでの間、ユニットエコノミクスがネガティブであることを長い間許容する必要があります。しかし、「Uber for X」企業の多くは、そんなに掘ることができるわけもなく、永遠に不採算のままです。

私が単独事業としてのフードデリバリーに長期では弱気な理由の1つがこれです。Uberは自社のサプライサイドを利用してフードデリバリーの収益を増やすことができます。純粋な食品会社は、同じ数だけドライバーを確保しなければなりませんが、同じように支払うことはできません。

肝心なのは、別の労働者プールを探すこと

では、どのような「Uber for X」アイデアがうまくいくのでしょうか?最終的には、全く異なる労働者プールを使うものです。在宅勤務を好む人々。ライドシェアのある街の近くに住んでいない人々。車を所有していない人々など。

あなたが別の労働者プールを見つけることができるなら、彼らは柔軟なスケジュールと簡単に稼げる可能性にまだ同じようなモチベーションを抱いています。

シンプルなUX、透明な価格設定など、あなたはUberと同じテクニックを使用することができ、このテクニックはこうした市場の機会に適用することができます。

このように「Uber for x」からの教訓は、マーケットプレイスから学べるベストプラクティスの集まりです。需要と供給の弾み車を動かすためには、強力な戦略が必要なのです。防御力の高いモートを持つ大きな市場が必要です。透明性と集約によって解決できるフラグメンテーション(断片化)の存在も必要です。

模倣するな -労働者視点から始めるという第一原理からアプローチしよう

私見では、「Uber for X」企業は、シンプルに第一原理から特定の市場にアプローチすべきだったのに、ライドシェアを模倣しようとしたために流行を起こすことに失敗したのだと思います。マーケットプレイスの機会はまだまだたくさんありますし、人々がどんな事業を起こすのか楽しみです!

これらのマーケットプレイスはすべて供給が制限される傾向にあるため、あなたは供給サイドの視点からそれぞれの機会 / 企業を評価する必要があります。それは機能しているか?供給者はその仕事を週40時間やって、その後も残り続けるだろうか?助成金はいつになったら払わなくてすむだろうか?これらが重要な質問です。

肝心のレッスンです! 供給サイドは👑。

Uberとマーケットプレイスについてもっと知りたい方は、私のお気に入りのリンクを20個ここに集めてみました。

Twitterで最初に投稿したドラフトはこちらです!

※この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。

その他の記事

記事