Bumbleの創業者、テックユニコーンを上場させた最年少の女性に

Bumbleの創業者、テックユニコーンを上場させた最年少の女性に

ビジネスにおいて雷は二度も当たらないと思っている人もいます。彼らの間違いを証明するために、ホイットニー・ウルフ・ハードの話をしましょう。

彼女はアメリカで最も人気のあるデーティングアプリ(Tinder)を共同創業しただけでなく、数年後には2番目にダウンロード数の多いアプリ(Bumble)も創業しました。現代のミレニアル世代のデートアプリに対して彼女以上の影響力を持っている人が他にいると主張するのは難しいものがあります。

ホイットニーは、ナスダックに上場する最年少の女性になることで、さらに一歩前進しようとしています。多くの男性はBumbleの80億ドルのバリュエーションを目の当たりにして羨望の眼差しを向けているかもしれませんが、ジェンダーの平等のためにすべきことはまだまだたくさんあります。

2020年に上場した442社のうち、女性の創業者・CEOが率いていたのはわずか4社でした。彼女の成功は、時代遅れの態度に対するストライキといえますが、もっと増えていかなければなりません。

ホイットニーにとっては簡単なことではありませんでしたし、多くの人が諦めて公衆の面前から消えてしまったかもしれない後でも彼女は続けていました。

Bumble創業以前の彼女のキャリアは、ハリウッド映画になるほどにドラマチックなものです。

  • 22歳で無職、親が自分のことを誇りに思っていないと確信する
  • Tinderを共同創業し、マーケティング担当副社長(VP of Marketing)に就任する
  • 天才的な才能でTinderをアメリカでNo.1のマッチングアプリとして確立した
  • セクハラ訴訟を起こしてTinderを去る
  • 嘘と女嫌いに基づくネット上の罵声が溢れる
  • 25歳で自殺願望を抱く

しかし、物語はそこでは終わりません。31歳の彼女が、どん底に落ちてからの6年間で成し遂げたことは注目に値します。投資家は彼女が築いた帝国の一部を手に入れようと躍起になっています。

後ろを刺す

ホイットニーが直面した虐待は卑劣なので、詳しく説明することはしません。彼女は単に能力の高いビジネスウーマンで、有名になりたいとか、タブロイド紙に載りたいとは思っていませんでした。彼女は単に非常に有能なビジネスウーマンで、有名になることやタブロイド紙に載ることを望んでいませんでした。私たちは皆、これを止めるために果たすべき役割を持っています。私たちが興味を示さなければ記事にはなりません。

当然のことながら、これは彼女の精神状態に大きな影響を及ぼしました。彼女はミリオネアでしたが、それだけでは足りなかったのです。彼女が経験した恐怖は彼女を刺激し、自分よりも弱い立場の人のために何かしてあげたいと思うようになりました。

ホイットニーは二度と出会い系アプリ市場に参入したくありませんでしたが、Tinderは示談書に「和解禁止条項」という条項を入れていなかったのです。彼女の最初のアイデアは、ポジティブなコメントしか許されないソーシャルネットワークでした。それは良いアイデアではないでしょうか?私もネット上での罵倒をもっと小さなレベルで経験してきましたが、このアイデアはスケールするのが大きくて難しいと感じるのです。

Badooの創業者であるアンドレイ・アンドリーセンは、このタイミングでホイットニーにCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)にならないかと彼女に声をかけました。彼の出会い系アプリはアメリカ外部では大規模なもので、彼女ならそれをさらに成長させる手助けができると考えていました。ホイットニーは二度とデートアプリでは働かないと固辞していましたが、二人は意気投合し、彼は数日かけて彼女の考えを聞いていました。

そして彼は、彼女に断れないオファーを出しました。より公平なオンライン環境を求める彼女の情熱を、より良いマッチングアプリを作るために活かしてみませんか?と。

彼はTinder時代の歴戦に裏打ちされた彼女のマーケティングの才能を正しく予測し、彼のリソースによって会社を軌道に乗せることができました。

大前提として、これは女性から会話を始めるアプリでした。これは、他の多くのアプリの有毒なノーマルを覆し、男性がお世辞を言われる機会を持っていた間に女性は権限を与えられたのです。

ミニCEOを作る

ホイットニーは新しい会社で、最初から文化を作りたいと考えていました。彼女の目には、最初の10人の社員が最も重要であり、次の100人の社員を価値観の共有に導くのは彼らだからです。

これは早い段階で、彼らが絆を深める仕事以外のトピックを持っていることを確認しようとすることで明らかになりました。土曜日になると社員が彼女の家に来てリラックスしていました。彼らがホイットニーを人として本当に理解するようになったのは、こうした時間の何気ない会話であり、共通の目的の下で団結しました。

ホイットニーは、これらの従業員の一人が「Bumble」という名前を思いついたと言っています。彼女は私が聞いた少なくとも3つの別々のポッドキャストでこのことを述べていましたし、他の人を褒めようとする彼女の意欲は、彼女の性格について多くのことを物語っています。偉大なリーダーには、一貫して他人に光を当てる自信を持つことが必要です。

彼らなりのやり方でのミニCEOなのだと感じてほしいのです。

彼女の戦略は成功しており、彼女はBumble内の他の人々自身をリーダーと見なしています。ホイットニーはスタッフを信頼しているので、外出していても心配することはありません。これは多くの起業家が学ぶことができるもので、彼女の会社を個人の輝きに頼るよりもはるかに堅牢なものにしています。

小さな調整

Bumbleを単なる出会い系アプリと呼ぶのは、今日では控えめな表現になってしまいます。ホイットニーは業界の中でも、出会い系アプリをデート目的以外にも使っている人がいることにいち早く気づいた1人でした。多くの場合、新しく街に来て、誰も知らない街で新しい友達を探している人たちでした。

彼らは出会い系アプリを使って友達を見つけようとしますが、マッチングした人たちは違った意図を持っていたので、最高の経験ではありませんでした。これがBumble BFFの誕生につながり、市場の全く新しいセグメントを切り拓くことになりました。これを使って親密な関係になった友人を私は知っています。

そしてまたしても、人々は会社が予想していなかった方法でBumble BFFを使い始めました。彼らはそれを使って、代わりに共同作業をする人を探したり、採用したりしていました。またしてもBumbleはこれに反応し、Bumble Bizzを作成しました。これは当たり前のように聞こえるかもしれませんが、他のプラットフォームはユーザーに注意を払っていませんでした。

大きな賭け

2019年、BlackstoneはAndreyの所有するBumble株を買い取り、まもなくWhitneyにBadooの支配権も与えるために資本の再編成を行いました。Bumbleがうまくいっていた一方で、Badooのユーザー数はその5倍にもなっていました。彼女がアンドレイのポジションを取るのは当然の選択でしたが、それはBumbleのミッションを成長させるために前線から離れることを意味していました。

Blackstone は、Bumble の親会社を出資時に30億ドルと評価していましたが、IPO時にはその価値は約2倍になりました。多くの金融コメンテーターは、2021年に株式を購入するよう投資家にアドバイスしています。BlackstoneはホイットニーのようなCEOをもっと見つけたいと願っているに違いありません。

世界で最も高価な通貨は経験である

ホイットニーは、大物起業家たちの本をすべて読んでいます。しかし、上記の引用は彼女の夫の祖父からのものであり、彼女お気に入りのアドバイスです。

多くの人がスタートアップの創業者を子供のようにイメージしているにもかかわらず、成功しているスタートアップの創業者の多くは、実際には40歳を超えています。論理的にはこれは納得のいくものです。そうでなければ、若いビリオネアはニュースにならないからです。Tinderですべての成功を収めたにもかかわらず、ホイットニーはビギナーズマインドを維持し、常に経験を積んだ他人の意見に耳を傾けることを意識しています。

これは、彼女が「印象に残ったことがない」という少し変わった特徴に由来します。大成功を収めているにもかかわらず、何となく他人の功績に畏敬の念を持ち続けています。これは、筆者を含め多くの人々に対して、傲慢になってはならないと思わせてくれます。

ユニコーンの創業者になるためにモンスターになる必要はないのです。

きっと今、彼女は自分自身が印象的な人物であり、多くの人にインスピレーションを与えていることに自覚していることを願っています。

その他の記事

記事