cover image

最初はおもちゃに見えるものの中からNext Big Thingは生まれる

日付
2021/10/25
ライター
この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
 
Chris Dixon@cdixon
Andreessen Horowitz(a16z)のGPを務め、シードおよびグロースステージの投資家として活躍している。それ以前は、SiteAdvisorとHunchという2つのスタートアップを創業し、それぞれMcAfeeとeBayに売却した。
 
現在はa16zのクリプト・ブロックチェーン投資推進においてリーダーシップを発揮しており、Crypto Startup Schoolなどで講演も行う。
 
インターネットエコノミーの驚くべき点の1つは、現在のインターネット企業のトップ集団が、10年前のそれとどれほど違って見えるかということです。 かつてのトップ企業が自分の地位にあぐらをかいていたかというとそうではなく、ほとんどの企業は淘汰されるのを避けるために狂ったように買収したり製品を作ったりしていました。
 
既存企業の懐に新しいブームが気づけば忍び寄っている理由は、次の大ブームはいつも最初は「おもちゃ」として片付けられてしまうからです。 これは、クレイトン・クリステンセンの「破壊的テクノロジー」理論の主要な洞察の1つです。この理論は、「テクノロジーは、ユーザーのニーズ増大よりも速い速度で改良される傾向がある」という観察から始まります。このシンプルな洞察から、市場や製品が時間とともにどのように変化するかについて、さまざまな興味深い結論が導き出されます。
 
破壊的テクノロジーは、リリース当初はユーザーのニーズを「満たせていない」ため、おもちゃとして扱われます。最初の電話は、1~2マイルしか音声を伝えることができませんでした。当時業界をリードしていた電話会社のウエスタンユニオンは、主要顧客である企業や鉄道会社にとって電話が役に立つとは思えなかったため、電話の導入を見送ったのです。彼らが予想していなかったのは、電話の技術とインフラがいかに急速に進歩するかということでした。(テクノロジーの採用は、いわゆる補完的ネットワーク効果により、通常は非線形になります
メインフレーム会社がPC(マイクロコンピュータ)をどう見たか、現代の通信会社がSkypeをどう見たかもこれと同じです。(クリステンセンは著書の中で他にも多くの例を挙げています)
 
だからといって、おもちゃのような製品がすべて次の大ブームを巻き起こすとは限りません。破壊的なおもちゃと、ただのおもちゃを見分けるには、製品をプロセスでとらえる必要があります。もちろん、デザイナーが機能を追加すれば製品は良くなりますが、それは比較的弱いです。それよりもはるかに強力なのは、マイクロチップの低価格化、帯域幅のユビキタス化、モバイル機器の高性能化などの外部要因です。製品が破壊的であるためには、このような効用曲線の変化の波に乗れるように設計する必要があります。
 
ソーシャルソフトウェアは、ユーザーの行動が改善を促す最も強力な要因となる興味深い特殊なケースです。クレイ・シャーキーが最新の著書で説明しているように、Wikipediaは文字通りのプロセスであり、毎日、スパマー、荒らし、変人などによって編集されていますが、善良な人たちは毎日、より速いペースで改善しています。もしあなたが2001年に戻って、Wikipediaを完成した製品として分析していたら、それは極めておもちゃのように見えたでしょう。Wikipediaがこれほど見事に機能している理由は、ユーザーによる絶え間ない編集が、時間の経過とともに正味の改善をもたらすようになっている微妙なデザイン上の特徴にあります。ユーザーの百科事典的な情報へのニーズは比較的安定しているので、Wikipediaが着実に改善されていけば、最終的にはユーザーのニーズを満たし、それを超えることができるでしょう。
 
製品は必ずしも破壊的でなくても価値があります。初日から有用で、長期的にも有用であり続ける製品はたくさんあります。これをクリステンセンは「持続的テクノロジー」と呼んでいます。スタートアップが有用な持続的テクノロジーを構築しても、すぐに既存企業に買収されたり、コピーされたりすることが多いのです。もしもあなたにタイミングと実行力が備わっていれば、持続的テクノロジーを背景にして大成功するビジネスを構築することができます。
 
しかし、持続可能なテクノロジーを持つスタートアップが、2020年にトップ集団に君臨する可能性は極めて低いでしょう。そこに君臨するのは破壊的テクノロジーであり、人々がそれをおもちゃと見なしてしまったために忍び寄っていたテクノロジーなのです。