cover image

マーク・アンドリーセン、未来を語る

Date
2021/06/24
 
マーク・アンドリーセンについては紹介するまでもないと思いますが、一応紹介しておきましょう。彼は、広く使われた最初のグラフィカルなWebブラウザMosaicの開発に携わった人物で、これが彼をインターネット業界の発明家という地位に押し上げたと私は思っています。また、Netscapeをはじめ、さまざまな会社を共同創業しました。さらに、米国最大級のVCであるアンドリーセン・ホロウィッツ、通称a16zも(ベン・ホロウィッツと共同で)創業しています。最近ではFutureというメディアを立ち上げ、彼の意見を時々書いています。
 
Netscape Navigatorが世界を切り開いたように感じられた私が10代の頃から、マークは私のヒーローのような存在でした。私がカリフォルニアに出てきたのも彼のような人物に会うためでした。今ではお互いのことをよく知っていて、彼は私のブログを購読してくれています!マークと話していていつも思うのは、彼の容赦のない楽観主義と、その楽観主義を裏付ける具体的な知識、つまり具体的な内容に関する知識と、さまざまな分野に関する幅広い理解を兼ね備えていることです。未来には素晴らしい可能性があると言う人は多いですが、マークはその可能性が何なのか、そしてなぜそれが可能なのかまで正確に教えてくれるのです。
 
この後に続くインタビューで、私はマークにテクノロジーと未来に関する10の質問を投げかけました。自動化、米国の制度、ソーシャルメディア、中国との競争、暗号、VC業界の未来などについてです。これが彼の答えです。
 

 
2020年の4月にあなたが書いた "It's Time to Build" というエッセイは多くの人に読まれました。その内容は、パンデミックによってアメリカの多くの機関や産業の深い機能不全が露呈したため、この轍を踏むことなく新しいものを構築する必要がある、というものでした。私はこれにかなり強く同意します。そこで質問ですが、私たちが構築すべきものの中で、官民ともに最優先すべきものは何だと思われますか?また、誰がそれを構築すべきなのでしょうか?
 
"It's Time To Build" を書いてからの15ヵ月間は、3つの大きな出来事に支配されていました。COVIDの大惨事、世界中のほぼすべての公的機関の組織的失敗(以前は機動的だったアジア諸国が迅速なワクチン接種に失敗している)、そして民間企業、特にアメリカのテクノロジー産業の目覚ましい成功により、私たち全員が予想していたよりもはるかに良い状態でこのパンデミックを乗り切れていることです。(私の新しいエッセイ "Technology Saves The World" を読んでみてください。)
 
つまり、良いニュースとは、現代のほぼすべての場所で国家の能力が慢性的に崩壊していることにもかかわらず、民間部門は、かなりの強迫観念の下でも、そして政治システムの多くが規制の手錠で彼らの息の根を止めたり、誤った政策でダメージを与えることに専念していようとも、成果を上げることができるし、実際に成果を上げているということです。
 
とはいえ、まだまだ構築すべきものがたくさんあることは言うまでもありません。まず第一に、このインタビューのエリート読者が期待しているような、著しく進歩した生活水準は我が国のほとんどの地域、そして世界のほとんどの地域にはまだありません。アメリカンドリームを示す3つの主要な指標、より一般的な言い方をするなら中産階級の成功、つまり住宅、教育、ヘルスケアについて考えてみてください。あなたは、この3つの指標が多くの一般人にとってますます手の届かないものになってきていると書いていますよね。あなたもそう考えていることでしょうが、私はこの3つの不足は、人々の生活や経済の機能に問題を引き起こしているだけでなく、政治にも大きな影響を与えていると考えています。
 
住宅、教育、医療はそれぞれ非常に複雑ですが、共通しているのは、テクノロジーによって他のほとんどの製品やサービスの価格が下がっている中で、価格が高騰していることです(下の図を参照)。私は、今後10年間で、これらの価格曲線を崩し、むしろ逆転させるような新しい技術、ビジネス、産業を構築し、一般の人々がアメリカンドリームを実現するための3つの主要な指標をより簡単に手に入れることができるようにすべきだと考えています。私のVCは、この3つの分野におけるエキサイティングなスタートアップに投資を行っていることを誇りに思っていますが、まだまだやるべきことはたくさんあります。より多くの人がこのミッションに参加してくれることを願っています。
 
notion image
 
これまでの私のブログのテーマのひとつは、「テクノロジー楽観主義」でした。この姿勢になったのは長年にわたってあなたと話してきたことによるものが多いと言わざるを得ません!テクノロジーの近い未来について、今でも楽観的ですか?そして、もしそうなら、どのテクノロジーに最も期待すべきでしょうか?
 
少なくともソフトウェア主導のイノベーションが認められている領域では、テクノロジーの未来について非常に楽観的です。 "Software Eats The World" というエッセイを書いてから10年が経ちましたが、このエッセイで述べたことは、今になってより真実味を帯びています。ソフトウェアは世界を飲み込み続けており、今後何十年にもわたって続くでしょうが、それは素晴らしいことです。その理由を説明しましょう。
 
まず、ソフトウェアに対する一般的な批判は、それが現実の世界で物理的な形をとるものではないというものです。例えば、ソフトウェアは家でも学校でも病院でもないというものです。これは表面的にはもちろん正しいのですが、重要な点を見逃しています。
 
ソフトウェアは、現実の世界のレバーになるのです。
 
誰かがコードを書く。すると突然、乗客と運転手がまったく新しいタイプの現実世界の交通システムをコーディネートする。私たちはそれをLyftと呼んでいます。誰かがコードを書く。すると突然、家主と客がまったく新しいタイプの現実世界の不動産システムをコーディネートする。それを私たちはAirbnbと呼んでいます。誰かがコードを書く。すると、自動で運転する車、自動で飛ぶ飛行機、健康か病気かを教えてくれる腕時計が生まれる。
 
ソフトウェアは現代の錬金術なのです。アイザック・ニュートンは、人生の大半をかけて、基本的な元素である鉛を貴重な素材である金に変換しようと試みましたが、失敗に終わりました。ソフトウェアは、バイトを原子による、あるいは原子に対するアクションに変える錬金術です。それは私たちに与えられたもののなかで最も魔法に近いものです。
 
だからこそ、原子自体を作らないことを失敗だと感じるのではなく、ソフトウェアにできる限りの全力を傾けるべきなのです。ソフトウェアが現実世界に接触するあらゆるところにおいて、現実世界はより良く、より安く、より効率的に、より適応的になり、人々にとってより良いものになります。このことは、これまでソフトウェアがあまり触れてこなかった、住宅、教育、医療などの現実世界の領域に特に当てはまります。
 
最近、あなたはソーシャルメディアの新しい波であるClubhouseとSubstackの2社に投資していますね。Discordもその波に含まれるかもしれませんね。なぜ今なのでしょう?Twitter、Facebook、Instagram、YouTubeといった「古いソーシャルメディア」に欠けていたものは何だったのでしょうか?新しいネットワークは、それをどのように改善するのでしょうか?
 
現行のソーシャルメディアにそこまで欠けているものがあったわけではありません。それよりも、人々の行動の基盤となるコミュニケーションの重要性、そして、人々のコミュニケーション、コラボレーション、コーディネーションのための新しい方法をいかにして開拓するかということです。ソフトウェアと同様に、コミュニケーションテクノロジーは人々に敬遠されたり、軽蔑されたりする傾向があります。しかし、私たちが1人でできることと、グループやコミュニティ、企業や国家の一員としてできることを比較すると、コミュニケーションが世界のほぼすべての進歩の基盤になっていることに疑いの余地はありません。だからこそ、よりコミュニケーションをとりやすくするのは根本的なことなのです。
 
Clubhouseは、アテナイのアゴラをグローバルに実現したものです。私は本気でそう思っています。Clubhouseは、世界中の人々が比喩的にではなく文字通りグループで集まり、想像できるあらゆるトピックについて話し合える初めての場です。文字を中心としたテクノロジーの世界で、オンラインで口頭で喋る文化に参加する機会に人々が即座に熱狂するのはとても印象的なことです。5000年前のキャンプファイヤーであろうと、今日のアプリであろうと、グループで話すことには時代を超えた何かがあるのです。
 
Substackは、この30年間インターネットに欠けていた知的創造性のビジネスモデルです。私はこれをとても楽しみにしています。Substackは新しいコミュニケーションの形ではなく、インターネットのコミュニケーションの原型ともいえるものです。しかし、これまではオンラインで文章を書いてもお金を得ることはできませんでしたが、今では突然できるようになりました。これがどれほどの変革をもたらすか、想像するのは難しいと思います。
 
Substackは、他の方法では存在しなかったような質の高い膨大な量の新しい文章を生み出しており、アイデアの形成と議論のレベルを、世界が必要としているところまで引き上げています。レガシーメディアの多くは、新聞やテレビなどの配信技術の限界により、人を愚かにしてしまいます。Substackは、あなたを賢くしてくれるもののための収益エンジンなのです。
 
あなたの最も有名な言葉は「Software is eating the world」でしょう。今後10年ほどの間に、それはどのような形で現れてくるのでしょうか?AIがビジネスモデル全体を自動化して消滅させてしまうのでしょうか。私の友人であるRoy Bahatが考えているように、既存の業務やビジネスモデルにソフトウェアを組み込もうとする旧態依然とした企業は、ソフトウェア企業としてスタートした後に伝統的な市場に進出する企業に負けてしまうのでしょうか?それとも他に何かあるのでしょうか?
 
「ソフトウェアが世界を飲み込む」という私の仮説は、ビジネスにおいて3つの段階で展開されます。
 
  1. プロダクトが、非ソフトウェアから(完全に、または主に)ソフトウェアへと変化する。音楽CDがMP3になり、そしてストリーミングになる。目覚まし時計は、枕元の物理的な装置から携帯電話のアプリになる。自動車は、金属やガラスを曲げたものから、金属やガラスに包まれたソフトウェアになる。
  1. これらのプロダクトの生産者は、製造、メディア、金融サービス企業から、(完全に、または主に)ソフトウェア企業へと変化する。彼らのコアとなる能力は、ソフトウェアを作成して動かすことになる。当然ながら、これは以前とはまったく異なる分野、文化である。
  1. ソフトウェアがプロダクトを再定義し、独占的な地位や規制に守られていない競争的な市場を想定すると、業界の競争の性質は、最高のソフトウェアが勝つまで、つまり最高のソフトウェアを作っている企業が勝つまで変わり続ける。最高のソフトウェアを作る企業は、既存の企業だろうがスタートアップだろうが関係ない。
 
a16zのパートナーであるAlex Rampellは、既存企業とソフトウェアドリブンなスタートアップの間での競争は「レースであり、スタートアップは既存企業がイノベーションを起こす前に流通を得ようとする」と述べています。既存企業は、既存の顧客基盤とブランドという大きなアドバンテージを持っています。それは金属を曲げたり、紙をシャッフルしたり、電話に出たりするために作られた古い企業文化を新たに適応させる必要がない、最初からソフトウェアを作るために作られた企業文化です。
 
時間が経つにつれ、私はほとんどの既存企業が適応できるかどうかますます疑わしくなってきました。企業文化の転換はあまりにも難しいのです。優れたソフトウェア人材は、文化が自分に最適化されておらず、自分に裁量がない既存企業では働きたくないと考える傾向があります。多くの場合、既存の会社を改造するよりも、新しい会社を立ち上げたほうが簡単だということがわかっています。世界がソフトウェアに適応していく中で、時間が経てばこの状況は改善されるだろうと思っていましたが、このパターンはますます強まっているようです。既存企業がソフトウェアにどれだけ真剣に取り組んでいるかを測るには、トップ100人の役員や管理職のうち、コンピュータサイエンスの学位を持っている人の割合を調べるとよいでしょう。典型的なテックスタートアップの場合、その答えは50〜70%かもしれません。一方で典型的な既存企業の場合、その答えは5〜7%といったところかもしれません。このように、ソフトウェアに関する知識やスキルには大きなギャップがあり、多くの業界で日常的に発生しています。
 
人工知能については、私自身エンジニアの1人として、多くの評論家が言うほどにロマンティックな見方はできません。AI(もっと平凡な言い方をすれば機械学習)は非常に強力なテクノロジーであり、この10年間でAI/MLの革新は爆発的に進み、現実の世界でもその成果が現れてきています。しかし、それはいまだに単なるソフトウェア、数学、数字に過ぎません。機械が自我を持つようになるわけでも、スカイネットが登場するわけでもなく、コンピューターは人間の言うとおりに動くだけです。つまり、AI/MLは人間の代わりというよりも、人間が使うツールであり続けるのです。
 
コンピュータサイエンスの誕生にまつわる有名な話に、コンピュータの父アラン・チューリングが、1940年代初頭にベル研究所の近くにあるAT&Tの役員用ダイニングルームで、情報理論の父クロード・シャノンと昼食を共にしたというものがあります。チューリングとシャノンは、自ら思考する機械の将来について、どんどん白熱する議論を交わしましたが、チューリングが立ち上がって椅子を押し戻し、大声で「いや、私は強力な脳を開発することには興味がないんだよ!私が求めているのは、AT&Tの社長のような平凡な脳だ。」と言ったそうです。
 
私はAIについてそんな風に考えています。ちなみに言っておくと、AT&Tの社長は私の友人で、実際には非常に聡明です。私は「人工知能」はそのテクノロジーに対して誤った名付けだと思っています。ダグ・エンゲルバートは「Augmentation(拡張)」と呼んでいますが、「Augmented Intelligence(拡張された知性)」と考えるのが正しいでしょう。拡張された知性は、機械を人間のより優れた思考パートナーに変えます。この概念は、技術的な影響と経済的な影響の両方を考慮する上でより明瞭なものです。拡張された知性が急速に普及した世界で私たちが目にすべきものは、雇用が消失するディストピアとは正反対の、生産性の向上、経済成長、新規雇用の増加、賃金の上昇です。
 
そして、これはまさに私たちが今目にしているものだと思います。コロナが猛威を振るい始めるわずか1年半前には、過去70年間で最高の経済状況を経験していたことを思い出すといいでしょう。賃金は上昇し、失業率は低下し、インフレ率は実質的にゼロでした。賃金は上昇し、失業率は低下し、インフレ率は実質的にゼロでした。あらゆるところにコンピューターがあるにもかかわらず、私たちのような人々よりも、スキルの低い人々や低所得者の方が経済状況はより良くなっていたのです。社会的に最も不利な立場に置かれている人たち、つまり高校の学位すら持っていない人たちの失業率は、かつてないほど低いものでした。これは自動化によるディストピアではなく、3世紀にわたって機械化とコンピュータ化を進めてきた成果なのです。コロナ禍から経済が回復するにつれ、このようなポジティブなトレンドが継続することを期待しています。
 
ソフトウェアが世界を飲み込むといえば、私は、インターネットの真の生産性は開花し始めたばかりであり、100年前に工場が電気によって単一ラインから複数の独立した電源を持つワークステーションに切り替えられたように、今回のパンデミックは、より分散した生産システムの開発を後押しすることになるだろうと書いてきました。それは基本的に正しいと思いますか?リモートワークが増えたり、企業間でビジネスが細分化されたりすると思いますか?
 
その通りだと思います。
 
まず、COVIDは、私の友人である元CFOのピーター・カリーが「shake and bake」と呼んでいたように、リストラの究極の隠れ蓑です。すべてのCEOにとってCOVIDとは、あまりにも大きな混乱を引き起こすために過去にできなかった、効率と効果を高めるために過去にやりたいと思っていたこと(根本的な人員整理や再編成、移転、陳腐化した事業からの撤退など)をすべて実行する機会です。どうせ混乱は起きるのだから、今までやりたかったことを全部やったほうが良いです。
 
第二に、リモートワークが有効であるというポジティブなショックはいくら強調しても問題ないでしょう。リモートワークは完璧ではありませんし、問題もありますが、私が昨年話したほとんどすべてのCEOが、リモートワークがいかにうまく機能しているかに驚嘆しています。また、ロックダウンを始め、子供たちが学校に行けなかったり、友人や親戚に会えないなどあらゆる人的影響があったパンデミックという非常に厳しい状況下でも、リモートワークは機能しました。コロナ禍を脱すればさらに効果を発揮するでしょう。あらゆる規模の企業が、所在地や仕事の場所、従業員の居場所、オフィスの構成、オフィスの必要性などを再検討しています。
 
これらの要素を組み合わせることで、今後5年間で生産性が大幅に向上する可能性があります。この生産性の伸びこそが、2009年から2020年にかけての信じられないような好景気すら超え、今後数年間に米国で驚くべき好景気が訪れるという「狂騒の20年代」の強力なテーゼの鍵だと私は考えています。これが確実だとは思いませんが、無理なことではないと思いますし、可能性はあると思います。
 
第三に、これは企業の運営方法の劇的な変化だけではなく、個人の生活や仕事の仕方にも同様に劇的な変化をもたらします。主に人と一緒に、あるいはスクリーンを通して仕事をする人(労働人口の割合は年々増加しており、大学卒業者のほとんどがそうです)にとっては、どのようなキャリアを歩むか、どのような雇用主のもとで働くか、どこに住むか、どのように生活するかなど、あらゆることを見直す機会となります。すでに大手ハイテク企業では、雇用者側だけでなく従業員側からも(解雇ではなく)離職者が急増しており、ポストコロナの世界の新たな選択肢に向けて人々が生活を再構築していく中で、この状況は続いていくものと思われます。最も大きな変化は、住む場所と働く場所が切り離されることですが、それ以上に、例えば新しい種類のインテンショナル・コミュニティを形成するなど、多くの人々がこれまでとは全く異なる生き方を選択することになると思います。
 
さらに、以前は地理的な制約のためにほとんどの潜在的労働者を雇用できなかった雇用主が、今では雇用できるようになったという事実もあります。才能は実際には平等に分配されていないかもしれませんが、企業や労働者がこれまで活用できなかったことに比べるとはるかに平等に分配されていることは確かで、突然に、世界中の雇用者と労働者をより効果的にマッチングさせる機会が存在するのです。
 
このようにして、アメリカや世界中で潜在的な経済成長の可能性が大きく広がることになります。より多くの人々がより良い仕事に就き、より多くの消費力がより多くの需要を生み出し、より多くの新しい産業やビジネスが創出され、より多くの雇用と賃金が増加する......この先、青空だけを予測したいわけではありませんが、ポジティブなシナリオはおそらく過小評価されています。
 
ここ数年、あなたはクリプトに興味を持っていますよね。一般の議論では十分に強調されていないクリプトの優れた点とは何でしょうか?
 
暗号は、「群盲象を評す」の例えを思い起こさせるようなテーマの1つです。暗号の仕組みや意味にはさまざまな側面があり、さまざまな解釈が可能で、自分の主張を通すために1つの部分を利用することもできます。例えば、多くの人がお金の部分に注目し、国家から人類を解放する新しい通貨システムとして称賛したり、経済の安定や政府の課税能力を脅かすものとして批判したりしています。これらはいずれも興味深い議論ですが、彼らは皆、より根本的なポイントを見逃していると思います。それは、暗号はテクノロジーの仕組み、ひいては世界の仕組みにおけるアーキテクチャの変化を表しているということです。
 
そのアーキテクチャの変化とは、「分散型コンセンサス」と呼ばれるもので、ネットワーク上の信頼されていない多くの参加者が一貫性と信頼を確立する能力のことです。これはこれまでインターネットには存在しなかったものですが、今や存在しており、その結果できることをすべてやりきるには30年はかかると思います。理論的には、インターネット固有の契約、ローン、保険、現実世界の資産の所有権、ユニークなデジタル商品(NFT; Non-Fungible Tokensと呼ばれる)、オンライン企業構造(DAO; Digital Autonomous Organization)などを構築することができます。
 
また、このことがインセンティブにとってどのような意味を持つかを考えてみましょう。これまでは、オンラインでの人間の共同作業といえば、現実の企業規範を文字通り採用したもの(ウェブサイトを持つ会社)か、Linuxのようなお金が直接絡まないオープンソースプロジェクトのような形をとっていました。暗号を使えば、オンラインでの共同作業のために、何千種類もの新しいインセンティブシステムを構築することができます。なぜなら、暗号プロジェクトの参加者は、現実世界の企業が存在しなくても直接報酬を得ることができるからです。オープンソースソフトウェアの開発が素晴らしいのと同じように、お金のためにはるかに多くのことをしたいと思っている人は無料でやりたい人よりも遥かに多いですが、突然、こうしたすべてのことが可能になり、簡単にできるようになりました。繰り返しになりますが、この結果を解決するには30年はかかるでしょう。しかし、これが人々の働き方や報酬の受け取り方における文明的変化になると考えるのは決しておかしなことではないと思います。
 
最後に、ピーター・ティールは、AIはある意味で左翼的な考えであり中央集権的な機械がトップダウンで意思決定を行うものであるが、暗号は右翼的な考えであり、多くの分散型エージェント、人間やボットがボトムアップで意思決定を行うものだという特徴的な意見を述べています。私はこれには意味があると思います。歴史的に見ても、ハイテク産業は他のクリエイティブな分野と同様に左翼的な政治に支配されてきました。だからこそ、今日の大手ハイテク企業は民主党と密接に関係しているのです。暗号は、まったく新しいカテゴリーのテクノロジーを生み出す可能性を秘めています。それは、文字通り右翼的なテクノロジーであり、はるかに積極的に分散化され、起業家精神や自由で自発的な交換をより快適にするものです。私と同じように、世界にはもっと多くのテクノロジーが必要だと考えるなら、これは非常に強力なアイデアであり、テクノロジーの世界でできることを一段階増やしてくれるものです。
 
a16zは投資先企業に対してより広範なサービスを提供することでベンチャーキャピタル自体を革新して名を馳せ、登録投資顧問になりました。今後数年で、ベンチャーキャピタルはどのような変化を遂げていくのでしょうか?プライベートエクイティファームや銀行のような存在になったりするのでしょうか?また、まったく新しいビジネスモデルが登場する可能性はありますか?
 
タイラー・コーエンが使っている「プロジェクト評価」という、ベンチャーキャピタルにおける非常に古いものがあります。これは、さまざまな人やアイデアの組み合わせの中から、資金や労力を投入して世の中に新しい重要なものを生み出そうとする数人を選び出すプロセスです。ベンチャーキャピタルの場合、この考え方は何世紀も前の捕鯨産業にまで遡ります。独立した金融機関が船長や船に資金を提供して鯨を捕獲していたのです。これが「キャリード・インタレスト」という言葉の起源だと言われており、本来の意味は、船で運ばれた(キャリーされた)鯨のうち、船長や乗組員が持っている分け前のことです。このような「プロジェクト評価」のパターンは何世紀にもわたって、プリマス植民地のような植民地開発から、音楽・映画・テレビのプロジェクト、そして世界最大のプライベートエクイティ取引に至るまで、さまざまな種類の大規模でリスクの高いプロジェクトで繰り返し行われてきました。
 
しかし、もちろん現在のベンチャーキャピタルには非常に新しいものがあります。ベンチャーキャピタルは、テクノロジーが可能にする世界最先端のアイデアやプロジェクト、新しい概念に資金を提供します。私たちが資金を提供する創業者たちは、いつも常識を破り、実現するまでは人々が不可能だと思っていたような新しいモデルを生み出しています。その中には、上述した最先端の暗号技術のアイデアも含まれており、その多くは、古典的な株式会社とはまったく異なる産業組織形態を前提としています。
 
このように、私たちは非常に古いものと非常に新しいものの組み合わせの渦中にいます。ベンチャーキャピタル自体がこの渦に巻き込まれて根本的に変化する可能性は確かにありますし、実際、賢い暗号専門家の中にはそう予測している人もいます。しかし...少なくとも今のところ、潜在的なプロジェクトをすべて選別してフィルタリングし、大きくてリスクの高い賭けをするという仕事にとって代わるものはありません。これは、テクノロジーの種類にかかわらず、リスクのあるベンチャーを選別し、組織し、資金を提供することにおける、ロバート・ミッシェルが提唱した「寡頭制の鉄則」なのでしょうか。確信はないが、そうかもしれないですね。
 
身近なところでは、私が「リトルボーイ/ビッグボーイ」と呼んでいる、テクノロジープロジェクトの資金調達と規模拡大のパターンを打破できるかどうかに興味があります。「リトルボーイ」とは、新しいベンチャー企業を立ち上げるシリコンバレーのエコシステムのことで、「ビッグボーイ」とは、ニューヨークやウォール街の株式市場、投資銀行、ヘッジファンドの世界のことで、IPOの際やその後に企業をスケールアップさせる傾向があります。地理的にも、人のネットワークとしても、心のあり方としても、シリコンバレーは経済においてより大きな役割を担う時が来ているのかもしれません。我々と同じように企業を理解し、評価していないかもしれない文字通りの意味でも、比喩的な意味でも反対側にいる専門家集団に企業を渡すことなく、企業を巨大化させるのです。どうなることやら...。
 
1996年に、父のPCのNetscape Navigatorであなたの記事を読んだことを今でも覚えています。髪の毛があったんですね!それはさておき、あなたは90年代の象徴のような存在でした。90年代というのは、私にとってもインターネットにとっても非常に重要な時期でした。そこでお聞きしたいのは、1990年代のテック人たちの夢は、どのような形で実現したのか。そして、どのようにして現実という岩に打ち砕かれたのか。90年代を振り返るとき、私たちはあの時代をどのように記憶し、あの時代のどのようなアイデアを持ち続けるべきなのでしょうか?
 
うまくいきましたね。夢は叶ったし、すべてうまくいきました。そして今や、私たちはバスに乗り遅れた犬のようなものです。このバスを一体どうするか?
 
私たちが実現してきたことを考えてみてください。50億人の人々が、ネットワークに接続されたスーパーコンピュータをポケットに入れています。世界中の誰もがウェブサイトを作成し、好きなことを公開することができ、誰とでもコミュニケーションをとることができ、これまでに存在したほぼすべての情報にアクセスすることができます。人々は生活し、働き、学び、そして愛することのほとんどをオンラインで行っています。1990年代のビジョンを構成する要素のほぼすべてが文字通り実現しているのです。
 
しかし、それにしてもです。ポラロイドの創業者であるエドウィン・ランドは、かつてこう言いました。「私はみんながみんな幸せになるとは言っていません。不幸になる人もいるでしょう。しかし、新しく刺激的で重要なあり方でね。」
 
なぜみんなが幸せにならないのか?それは、オペレーティングシステム、データベース、ルーター、ワープロ、ブラウザなど、他の人が拾って使う道具を作っていたテクノロジー業界が、ほぼ一挙に、地球上のあらゆる主要な社会的・政治的な議論や論争の中心になってしまったからだと思います。
 
考えてみれば、私たちは海賊から海軍になったのです。若くて小さくて不器用な海賊は好かれるかもしれませんが、海賊のように振る舞う海軍は誰にも好かれません。今日のテクノロジー業界は、海賊のように振る舞う海軍に似ているのかもしれません。
 
一方で、海賊のいない海軍も必ずしも素晴らしいものではありません。新しいアイデアや新しい活動の形成を妨げる抑圧的な力、創造性の死をもたらすグローバルな正統性と規則、これらが新しい世代の海賊の機会と必要性を生み出しているのです。
 
マキャベリは『政略論』の中で、国家が後の暗い時代に再生を見出すためには、井戸端会議や創業時のアイデアに立ち返る必要があると強調しています。これと同じ原理が、企業や産業にも当てはまると思います。1990年代のジョン・ペリー・バーロウの「A Declaration of the Independence of Cyberspace」やティム・メイの「Cyphernomicon」はもちろん、1950年代や1960年代のダグ・エンゲルバートやテッド・ネルソン、1920年代のデビッド・サーノフやフィロ・ファーンズワース、1890年代のトーマス・エジソンやニコラ・テスラ、1500年代のレオナルド・ダ・ヴィンチなど、テクノロジー業界の創業時のアイデアを再考することを実践すべきだと思います。私たちは、これらの時代の未実現の、あるいは不完全な形で実現されたアイデアを、「失われてはいないが、まだ見つかってはいない」と考えるべきだと思います。
 
米国と中国の競争について少しお話しましょう。少なくとも世界銀行の統計によれば、中国がハイテク製品の輸出量で米国をはるかに凌駕していることをどの程度憂慮すべきでしょうか。ネットワーク技術やドローンでの中国の優位性や、半導体産業やAIでの中国の大躍進を心配すべきでしょうか?もし心配すべきだとしたら、アメリカはどのように対応すべきでしょうか?
 
これは典型的な「一方通行のパズル」で、自分が気持ちよくなるために自分を罰したくなる傾向があることと関連しています。つまり、次のようなことです。
まず、中国が技術革新の大国になることは世界にとっても良いことだと考えています。というのも、新しいテクノロジーは溜め込んでおくものではなく、本質的にはアイデアであり、アイデアは増殖して広く採用される傾向があるからです。経済学者のウィリアム・ノードハウスは、新技術によって生み出された経済的余剰の98%は、その発明者ではなく、広く世界に取り込まれることをはるか昔に示しました。これは、発明者や企業のレベルだけでなく、国のレベルでも当然当てはまると思います。アメリカで生まれたアイデアは、全世界を計り知れないほど豊かにしましたが、中国で生まれたアイデアも同じようになると思います。
 
一方で、中国は、何十もの重要なテクノロジーセクターを支配することで、経済的、軍事的、政治的な覇権を獲得するという戦略的な課題を持っていますが、これは秘密でも陰謀論でもなく、彼らが声を大にして言っていることです。最近の彼らの矛先は、国家的チャンピオンであるファーウェイの形をしたネットワークでしたが、彼らは明らかに、同じプレイブックを人工知能、ドローン、自動運転車、バイオテクノロジー、量子コンピューティング、デジタルマネーなどに適用しようとしています。多くの国は、下流のコントロールに影響を与える中国のテクノロジースタックを利用したいかどうか、慎重に検討する必要があります。中国にお金の流れを止められてもいいのでしょうか?
 
そして一方で、西洋のテクノロジーチャンピオンである米国は、自虐的になることを決めました。両政党とその選出された代表者は、可能な限りあらゆる方法で米国のテクノロジー産業を破壊しようとしています。米国の公共部門は民間部門を憎み、破壊しようとしていますが、中国の公共部門は民間部門と手を取り合って働いています。なぜなら、当然のことですが、民間部門を所有しているからです。私たちはいつかは、この重要なマラソンのスタート地点で、自らを機械的に追いつめることをやめるべきかどうかを考えてみたいものです。
 
現在23歳の賢いアメリカ人にキャリアなどのアドバイスをするとしたら、どんなアドバイスをしますか?
 
情熱のままに行動してはいけません。真面目な話です。情熱に従わないで。あなたの情熱は、他の何よりも馬鹿げていて役に立たない可能性が高いです。情熱は仕事ではなく、趣味であるべきです。暇なときにやってください。
 
その代わりに、仕事では貢献することを目指しましょう。経済の中で最もホットで活気のある部分を見つけ、どのようにすれば最も良く、最も貢献できるかを考えましょう。周りの人々、顧客や同僚にとって自分の価値を高め、その価値を日々高めていくのです。
 
時には、エキサイティングなことはすでに起こってしまった、フロンティアは閉ざされた、テクノロジーの歴史の終わりにいる、すでに存在するものを維持する以外には何も残っていない、と感じることがあります。これは、想像力が欠けているだけです。実際はその逆なのです。私たちの周りには腐った既存のテクノロジーがあり、それらはすべて新しいテクノロジーに取って代わられる必要があるのです。さあ、始めよう。
 
※この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。