cover image

ジェフ・ベゾスの名言

Amazon 創業者
1993年の後半、ベゾスはオンライン書店を始めることを決める。勤務していたヘッジファンドD.E.ショーを退職し、ニューヨークからシアトルへの移動中に事業計画を書き上げ、1994年1月に自宅のガレージでAmazonを起業した。2000年9月には、有人宇宙飛行事業を目的とするブルーオリジンも設立している。
 
 

 
インターネットバブルで多くの会社が消えましたが、彼らはお客様中心の息の長い会社をつくろうとせず、ウォール街のほうを向いていたんです。
 
長年、価格弾力性について研究を行ってきましたが、常に『価格を上げるべきだ』という結果が出ます。しかしながら、価格を非常に低く設定することで顧客からの信頼を得られ、長期にわたるフリー・キャッシュフローを最大限向上させられると信じているので、価格を上げることはしません。
 
現実に起こることを想定したビジネスプランはうまくいかないでしょう。現実は常に変化し続けるものだから。
 
以前買ったCDをうっかり1年後に買ってしまうこともあるでしょう?だから私たちは知らせることにしました。「インスタント・オーダー・アップデート」という機能です。これは短期的には売上を多少下げますが、本当にお客様と同じ目線に立つなら意味のある機能です。
 
発明には誤解されても信じ続ける我慢が必要です。自分の行動が信念に基づいていても、批評する人間が出てくるでしょう。そのときには『批評している人は正しいのか?』と自分に問いかけてみること。もし正しいと思うならば、彼らの言う通りにすればいいだけです。
 
変わらないものを軸に戦略を立てよ。
 
顧客に執着せよ。
 
我々は長期間にわたって誤解されることを厭わない。
 
会社には2種類ある。高く売るために努力する会社と、安く売るために努力する会社だ。我々は後者になる。
 
顧客のニーズから逆算せよ。
 
アマゾンの企業文化は「調和」と「情熱」だが、いざどちらかを選ぶとなれば、我々は「情熱」をとる。
 
発明家になりたければ失敗を恐れるな。
 
自分のもっている時間を100%とすると、かつては30%をサービスの構築に、残りの70%をプレゼンに充てたが、時代は変わった。これからは逆だ。
 
今日はインターネットの1日目(the Day 1)だ。学ぶことは膨大にある。
 
1年あたりの実験回数を2倍にすれば、あなたの独創性は2倍になるのだ。
 
もっとも重要なことは、執拗なまでに顧客にフォーカスすること。アマゾンにおける我々の目標は、地球上でもっとも顧客中心主義の会社になることだ。
 
ブランドとは、あなたが部屋にいないときに他の人があなたについて言うことです。
 
ビジネスで求められる一般的な質問は「なぜ?」だ。これも良い質問だが、同じくらい良い質問がある。「なぜ、だめなんだ?」