お金を節約させることがFintech企業にとっての機会である

日付
2021/06/05
ライター
 
2016年の2月、私は、永続的な数十億ドル規模のビジネスを構築するための確実な道筋は、「10倍のプロダクトを作り、人々のお金を節約する」ことであるという考えをまとめた記事を書きました。
 
この半年間、私は「お金を節約する」ということが、お金の使い方だけでなく、お金(多くの人にとっては借金)の管理方法にも及ぶことを探ってきました。
 
この夏、Greylockの年次LPミーティングで発表したリサーチと考えを以下のスライドにまとめました。このスライドでは、なぜアメリカ人、特に若いアメリカ人(いわゆるミレニアル世代)が新しい金融商品を強く求めているのか、なぜ新世代のスタートアップにとって機が熟しているのかを説明しています。
 
いつものように、これらの考えは途上のものなので、もしコメントや考え、アイデアがあればご連絡をお待ちしております。
 
Twitter は @sarahtavel です。
 
 
※この記事は原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。
原文:Saving People Money, Fintech Edition by Sarah Tavel