エリック・ヤンに聞く7つの質問

エリック・ヤンに聞く7つの質問

エリック・ヤンは、2011年に設立したビデオコミュニケーションのスタートアップZoomの創業者兼CEOで、現在(取材時)は10億ドル以上の評価を受けています。彼が会社を設立するきっかけとなったのは、大学時代に中国に留学していたときに、彼女(後に妻となる)と電車で10時間かかるほど離れた場所にいたことでした。

Q1. あなたが日々学んだことは何ですか?

毎日、目が覚めたら「自分は幸せを感じているか?」という1つの質問をしています。もし幸せなら、私はエネルギーに満ち溢れています。もしそうでなければ、どうすればそれを変えることができるだろうかと自問するようにしています。なぜなら、自分が幸せを感じていないと生産性が落ちてしまったり、自分のネガティブな態度を家族や会社に出してしまうことがあるからです。

私はこれを苦労して学びました。Ciscoにいた時はコードをたくさん書いていました。初めのころはかなり幸せだったし、生産性も高いし、他人にも良い影響を与えていました。そのうち、何かを変えようとするときに他人に影響を与えることができなくなってしまいました。決断するのは自分ではないことに気付き、私は不幸せに感じました。チームのメンバーもそれを感じていました。家族もそれを感じていました。人を助けるには自分が幸せになるようにしないといけないと、その時に気がつきました。

今は、何か気になることが出てきたら、飛び込んで修正しようとしています。もしかしたら、プロダクトに問題があってスケジュールが遅れているかもしれませんし、営業チームが取引を成立させるのに苦労しているかもしれません。私は常に、そういう問題を迅速に解決するためにできる限りのことをするようにしています。

Q2. これから起業される方にアドバイスするとしたら?

企業文化を第一に考えています。チームよりも、製品よりも、ビジネスモデルよりも、投資家よりも重要なことです。それらのものはすべて直すことができて、時間をかけてより良くすることができます。しかし、企業文化は初日に確立されなければなりません。一度企業文化の問題を抱えてしまうと、それを解決するのは非常に難しいのです。

私たちの企業文化は、従業員に幸せを届けるという目標を中心に構築されています。幸せな従業員は、顧客に幸せを届ける方法を知っているので、始める前から多くの問題を解決できます。この企業文化が、競合他社よりも良い仕事をしている大きな理由の1つです。企業文化にずれがあると、たとえ良い方向に進んだとしても、持続性がありません。バラバラになりうるのです。

Q3. あなたの人生に大きな変化をもたらした小さな変化は何ですか?

私の人生でもっとも大きな変化をもたらしたのは、小さなことではありません。それは私たちの第一子の誕生でした。子供ができてからは責任感が強くなり、自分の面倒を見るだけではダメだということがわかります。良い手本を示さなければなりません。学んだことを伝えなければなりません。

Q4. 知っていればよかったと思う、知らないことは何ですか?

いろんなことを知っておきたいですね。Zoomを創業したころを思い返してみると、会社を作るために何が必要かを知っていればよかったですが、そうしたらもっと楽しくなかったかもしれません。

起業すると、誰もが「やるな」と言おうとします。きっと失敗するでしょう。あなたは苦しむでしょうし、家族も苦しむでしょう。ほとんどの人がそんな話をしてくれました。誰もどれだけワクワクするかは話してくれませんでした。自分が何か重要なことの一部であると感じ、世界に大きな影響を与えていると感じていることです。私も始めたころにはわかりませんでしたが。

Q5. 今、枕元にある本は何ですか?

ナイキの創業者フィル・ナイトの「シュー・ドッグ」を読み終えたところです。彼らが最初に始めた時は、何もかもが今よりずっと難しかったことに気がつきませんでした。当時はベンチャーキャピタルもなく、地元の銀行からお金を借りるしかありませんでした。それでもナイトはよくやってくれたし、素晴らしい名前を歴史に刻みました。彼の粘り強さと情熱が、素晴らしい会社を作ったのです。彼は今の多くの若い企業に良い手本を示してくれたと思います。

Q6. 自分が間違っていたと気づいたのはいつですか?

自分がしたことに対してネガティブな反応があった時は、一歩引いてなぜなのかを理解し、必要であれば謝罪するようにしています。長男は高校3年生です。先日のテストで成績が悪く、私が苦言を呈してしまいました。私は「毎日そんなに遅くまで起きていなければ、テストの成績は良かったはずだ 」と彼に言いました。彼はすでにテストに向けて頑張っていたし、バスケも頑張っていたからお父さんは間違っていると言いました。彼は朝、YouTubeでバスケの動画を見るのが好きです。彼は私に「お父さん、あなたにはあなたなりの意図があるんでしょう。お父さんは僕にオールAをとってほしいと思ってる。でも、これは僕の人生だ。大学でバスケをしたい。僕の立場に立って理解しないといけないと思う。」と言ってきました。そして私は非常に合理的な説明だと思い、謝りました。そして、いつか一緒にジムに行くべきだと思いました。

Q7. どの時間の単位が最も重要ですか?その理由は?

毎日、一瞬一瞬のことを考えています。一日のどの部分であっても、私にとっては同じように重要です。朝と夕方のどちらかの方が重要だとは思わないし、若い時も年寄りの時もどちらかの方が重要だとは思いません。何かをするときは、1分1分を楽しみましょう。その1分を無駄にしたら、もうその時は永遠に戻ってきませんからね。

何かをするときは、1分1分を楽しみましょう。その1分を無駄にしたら、もうその時は永遠に戻ってきませんからね。 ー エリック・ヤン(Zoom 創業者兼CEO)

その他の記事

記事